韓国の不動産の暗黙の了解についていくつかご紹介しよう。
aaa25dd362a968aead083b327fbed22b_s

まず、確実に価格が上がる不動産の選び方のポイントをいくつか考えてみたい。

のポイントは、その土地平坦であるかどうかということである。

単純なことのようだが、不動産を選ぶにあたってはとても重要なことだ。

国においては、その土地が平坦かそうではないかによって不動産の価値がだいぶ違ってくる。

たとえば、坂の上にある店と平坦な場所にある店との売り上げを比べてみれば一目瞭然だろう。

人というものはたとえ階段ひとつでも上がるのがおっくうなもので、人気があるのは常に平地だ。

特に韓国ではこの傾向がつよく、平地にあるアパートやマンションが圧倒的に人気がある。

 のポイントは、競争率物件うということである。

100%断言することはできないが、申請した先着順で分譲すると謳われているような不動産は、資産が増えたという例はあまりない。

資産価値が上がる物件を購入するためには、先着順で分譲されるような物件よりも、多少時間はかかるかもしれないが競争率の高い不動産に申し込んだ方がよいだろう。焦らず気長にそのような物件にめぐり合うまで忍耐強く待つことが何よりも大事である。

このことは一般の宅地、店舗などの競売などについても同じことがいえる。

いわゆる「良い物件」というのは、やはりソウルや首都圏などの人口が増えている地域や経済の中心となっている地域に集中しているのである。

 のポイントは新興都市投資するということである。

いわゆる新興都市に投資することはとても安全であり、かつ確実な投資の方法であるといえる。

新興都市というのは人が住みやすいようによくつくられているからだ。

住みやすいというのは単に家だけの問題ではなく、とりまく周囲の環境が大きく関わってくる。子供たちの教育環境や交通の便利さなど総合的な観点で評価されている。
新興都市は、都市計画をもとに設計されているので、交通関連、治安維持については、実は問題がないことが多いのだ。
もしも、人が快適に暮らすことができる地域であるならば、当然のこととして不動産の価格は当然上がっていくわけである。

 のポイントは、「って、分析して、て」である。

いわゆる良い物件を買うためには、それなりの時間と努力が必要だ。

不動産投資をするにおいて重要なのは、不動産に関する豊富な情報である。

今の時代、インターネットがあり情報収集には欠かせない。ただし、人気があって価値のありそうな物件を見つけたら、思い切って買ってしまうのではなく、十分に調査をして検討をしたほうがいい。

購入に踏み切る前に不動産の一部ではなく、全貌をよく点検する必要がある。

過去における不動産の価格の変動表などの資料をそろえ、それらをよく分析することをお勧めする。不動産においては、購入すうするタイミングというのが重要である。購入しようとする土地をある程度狙って分析して待っていれば、ふいに都市計画や道路計画などのニュースが入ってきたときに、すぐに購入に踏み切れるであろう。

 のポイントは、具体的にアドバイスしてくれる専門家不動産業者)のけであろう。

いわゆる「ツテ」ともいうが、じつは韓国ではこれこそが一番大切だったりもする。

韓国人は情の厚い民族で世話好きでもあるので、少しでも知っている人には本当によくしてくれる。実際、引っ越しをしようと不動産屋に立ち寄った時に、お互いの配偶者が小学校時代の同窓生であったことが分かり、それからというものその不動産仲介者は本当に親切にしてくれたものだ。

ちょうどそのときには希望している条件の物件がなかったのだが、予算と希望の条件に見合った物件が出てきたらすぐに連絡をくれるようにと頼んでおいたところ、びっくりするぐらい早くに連絡をくれた。そして、その地域の相場についての情報や、おすすめ物件などについてもじつに詳しく話してくれたものだ。

これは、血縁関係をはじめとする「人間関係」を重要視し、自分の身内や知り合いにはよくしてくれるという韓国人の民族性をよく表しているといえよう。実際、韓国の人は全然知らない人への態度と「少しでも知っている人」への態度が全然違う。

筆者が韓国に住む前、15年以上前の話だが韓国へはじめて観光旅行に行ったときは本当に驚いた。観光客とくに外国からのお客には当然親切にしてくれるだろうと思っていたのだが、観光地で働いているサービス業に携わっている人たちでさえ、とてもつっけんどんで愛想がなかったことをよく覚えている。(今では韓国もだいぶサービスがよくはなったが。)なので、韓国で不動産を買うならば、不動産仲介者などの不動産業者と仲よくなってしまうのが一番よい方法といえる。

以上、韓国の不動産について知っておくべき五つのポイントについてお伝えしてきた。

種をまけば美しい花が咲いてやがて実がなるように、忍耐強く情報収集をした上で土地を購入し、時が経つのを待てば、やがて汗と忍耐との実をきっと結んでくれるはずだ。

これが不動産投資の醍醐味なのではないだろうか。