今、日本や、韓国、世界の一部の人のみ注目している、夢のような投資案件がある。

こういった、おいしい話は水面下で静かに、けれど、激しく動いている。
しかし、内容を知っている人数はいまはまだわずかである。

それは、ある日突然知人を通じて私のところにやってきた。
そのときを逃していたら、おそらく、こんな投資案件に出会うことは一生なかったであろう。

874e6a0a0e7942013853fa7373b67191_s

みなさんはGGC投資という言葉を聞いたことがあるだろうか?

あくまでも、うわさ話として聞いて欲しい。
決して100%この内容が、間違いないと確信しているわけではないし、
勧誘しようという意図はない。

もしかしたら、想像を超えるような金額が入るかもしれない。

そんな、淡い夢と希望を抱いて、私はかけてみることにした。

こういう話は自己責任が基本だ。
失敗したからといって、紹介してくれた知人を責めることはない。

さて、本論に入ることにしよう。

ZEEGTOWNというバーチャルショッピングモールがある。

イギリスの上場会社が、世界を市場にインターネット上に架空のショッピングモールをつくって、その中に入るお店(テナント)の区画のオーナー(大家さん)を口コミで募っている。ようするに出店スペースのオーナーになって家賃収入をもらえるという話だ。
そのショッピングモールはzeegtownというそうだ。
一応商標登録も済んでいるそうだ。
いまは、ショッピングモールの中に入るお店もこれから募集していく段階で、そのお店の区画のオーナーを募集しているそうだ。

家賃収入は、そのお店の1ヶ月の売り上げの1%。

世界中が市場なので、1%といっても相当な金額になることが見越せる。
ショッピングモールに入るお店は会社側がきちんと管理してくれる。
店が出店する際の条件は、オーナーに売り上げの1%をはらうということのみ。
これなら、たくさんのお店が入りたがるだろう。
リスクとしては、自分のお店の売り上げが悪いと、あまり家賃収入が入ってこないということだ。
これについては、会社がきちんと対応してくれる。
ある一定の売り上げがなければ、強制的に退去させられてしまうとのこと。

また、面白いのが、各国の通貨ではなく、rippleを使うそうだ。
Rippleは、世界ではもはや通貨革命としてすでに期待されている。

そして、投資金額は、6万円~180万円の中で無理せずに自分の都合で選べる。

コンテンツの利益配当もある。

Zeegtownの中をのぞいてみればわかるが、ショッピング以外にも、リップルトレードセンター、フリーマーケット、占いの館、オンラインゲーム、カジノ、などなど、ニーズにこたえた興味深いコンテンツであふれている。

自分の投資した金額、登録した金額によってランクが決まり、
出店数や、コンテンツの利益配当が変わってくる。
さらに、早く投資を始めた人たちほど、より多くの恩恵を受けるようになっているようだ。

実際、占いコンテンツからの利益配当をもらえる権利は、私がこの内容を知ったときには、すでになくなっていた。
オンラインゲームの利益配当は間に合うようだったので、思い切って投資をしてみている。

出会いのあったときに、どちらの判断、選択、行動をするのか。

この一瞬、一瞬の選択が人生を大きく動かし、決定していくといっても過言ではないだろう。
ごく普通の人、一般人、凡人な人でも、とんでもない大きな収入を得られるかもしれない、またとないチャンスかもしれない。

年金ももらえる保障もなく、受身の姿勢でいたら、他人事だと考えていた老後破産が自分の身に起きるかもしれない。
そんな世の中だ。

もしかしたら、夢を描いていたようにはうまくいかないかもしれない。
でも、行動しなければ始まらない。

もし、この記事で、興味をもたれた方がいれば、ぜひ御自分の目と耳で調べて確かめていただきたい。