はじめに

東南アジアにおいては、非常にリーズナブルにそして手軽に購入が出来るフィリピンの不動産になります。
それでもどのような方法が収益性も最も手堅い方法かと言えば一概に言えません。
フィリピン不動産の投資家たちは、一定の独自ルールを以て損失を最小限に抑えられる投資方法を実践しているのです。

しかし、フィリピンにおける不動産投資において初心者の方であれば、まずは窓口となる不動産仲介を上手く使うことが大変重要となるのです。
ここではフィリピンの不動産投資を進めていく上で、如何に不動産仲介を効率的に活用して行くか、という視点で説明をして行くことにします。

d96db41c766a1dff5face5bcdd001b8b_s

1.フィリピンの不動産をまず良く知る

日本にも多くの窓口があるフィリピン不動産専門の仲介ですが、自分にとってより良い仲介の見極め方は一体何でしょうか?

共通していることは、しっかりと現地の不動産事情をゼロから教えてくれるかどぅかになります。

不動産事情と言うのは単に人気のある物件等の傾向だけではありません。
一般的にフィリピンにおける不動産投資の面白さやリスクなどをきちんと説明してくれる器があること指す分けです。

また、日本とフィリピンにおける商習慣は大きく異なります。
日本人とフィリピン人では契約の認識に差が生まれやすく、契約や権利上のトラブルが発生することもあります。
そのような不動産物件以前のやり取りについてもしっかり学ばせてくれるのは良い不動産仲介と言えます。

2.見学ツアーの重要性

フィリピンの不動産を取り扱う不動産仲介のうち、日本人向けの国内窓口を持つところであれば必ず現地の不動産見学ツアーが存在しています。
実際にこの見学ツアーに参加される方を見てみますと、意外にその意義を理解されてない方も多いようです。

基本的に不動産仲介の見学ツアーは非常に重要でして、仲介がフィリピン現地でどんなタイプの不動産があってどんな管理をしているのかを直接説明してくれる、
非常に大切な機会となります。

また、ツアーに参加したクライアントが興味のある物件かどうかは別にして、
クライアント自身により良い投資のヒントとなる物件をより多く紹介するのがこの見学ツアーの最大の目的になります。
これは仲介がクライアントに対して、しっかりと価値の上昇する物件を選ぶための知識を身に着けてもらいたいからです。

もちろん、自身の資金や価値観にあった物件がその場で見つからなくても構いません。
別の視点で異なる物件を見ることを改めてリクエストすることも出来るのですから、仲介との理解を深めるチャンスとも捉えることも出来ます。

3.運用方式や売却タイミングの重要性

実際にフィリピンで不動産を購入した場合、一般的な仲介業者であればその時点で役目は終わるはずです。
しかし、投資を目的とした不動産仲介の業務はこれに留まりません。
つまり、クライアントがどのような方式で土地を運用すべきかをアドバイスしてくれます。

また、不動産物件にとって非常に重要なことは如何に良いタイミングで売り抜けるかと言う事です。
不動産仲介業であれば、物件にマッチした運用方式を提案すると同時にマーケットに常にアンテナを張ることが求められます。
つまり、顧客が売却に適した時期についてもアドバイスできることが大切です。

クライアントの中には、仲介のアドバイスをほとんど参考にせずに購入したケースもあります。
その結果として価値を上げることなく、更に別の仲介業に売却の依頼を掛けるケースもあるとされます。
仲介業を活用する場合は、購入・売却をセットにして先を見据えたいものですね。

4.トータルで仲介に任せることも出来る

ビギナーのクライアントであれば、購入物件のセレクトからその管理そして売却までをトータルでサポートしてもらうことも出来ます。
もちろん最終的に決定するのはクライアントになりますが、売却までのコーディネートをしてくれます。
クライアント自身での不動産管理・売却時期の見極めなどを一緒になって進めてくれるので不安な気持ちが取り払われるのです。

全ての仲介が表立ってトータルサポートを受け付けている分けではありません。
しかし、親身になって相談に乗ってくれる仲介業であれば、クライアント側の一元管理ニーズに快く応えてくれるところもありますのでぜひチェックをオススメします。

おわりに

不動産仲介業のセレクトは、フィリピン不動産投資に限らずに必ず求められることです。
現状で言えば、フィリピンの場合は法人による不動産投資がまず確実な方法になります。
不動産仲介によっては、法人設立を色々な方法でサポートしてくれるところも存在しているのです。

クライアントにとって如何に経済的なリスクを分散しながら不動産投資できるか、これを明白な形で提案できるのも不動産仲介の非常に大きな力となります。