将来的に海外移住を計画する人が、考えておくべきこと

将来的に海外に住みたいと考える人が、着実に増えています。
少子高齢化問題、またそれに伴って縮小していく経済、年金問題、また移民問題など、将来の日本の姿は不透明です。
日本で同じ企業で働き続けるメリット、つまり年功序列、終身雇用制度も薄れ、
一人一人が自分の能力を活かして転職市場をサバイバルすることも当たり前になってきました。
自分の将来や財形プランは、自己責任で考え、貯蓄だけではなく、様々なものに投資をしていく人も増えました。

インターネットの普及や格安航空券などの浸透によって、簡単に海外に行ったり来たりできる機会も多くなっています。
海外との交流もビジネスだけではなく一般レベルでどんどん増えています。
仕事のスキルや英語力を身につけて、海外で暮らすのに困らないだけの、知識や経験を持っている人もかなりいます。

海外で仕事をし、暮らしていく、また日本で仕事をリタイア後、老後は海外で、と考えている人は多いことでしょう。
なによりも環境の良さや物価の安さが魅力で、悠々自適に生活ができるアジア圏がいま、移住先として人気があります。

特に東南アジアは場所的な近さもあるし、その上、税制の優遇など、日本人にとっては魅力的な点が沢山あります。
これから伸びていく経済を肌で感じること、また生活がますます便利になっていく国には活気があります。

宗教の違いや、言葉の違いはありますが、日本では経験できないような体験がそこには待っています。

しかし、反面、日本では想像できないような文化ギャップや、価値観、考え方の違いなどに戸惑う人も多く見られます。
お金だけでは解決できない事も多く、やはりある程度は地域に溶け込む、また現地の人として暮らす心構えが必要となります。

特に若い世代では、彼らは柔軟で、環境への適応も良いです。
子供の教育のため、よい環境で育てるために、早めに教育レベルの高い国へと移住をする家族も多いとのことです。

55b51fb7a1eae3a36e7eed6856c6a1b7_s

海外に暮らすからこその、マネープラン

現地で仕事がある、または日本から定期的、そして確実な収入がある、という人でも、海外暮らしにはリスクはつきもの。
現地通貨や日本円、またドルやユーロなど、毎日通貨の価値は移り変わっていきます。
不動産なども絶対確実な投資というのはあり得ません。
将来リスクのために分散投資をしている人も、タイミングが悪ければ大きな損をする事もあります。

海外で悠々自適どころか、投資で失敗して生活が苦しくなると、日本に帰るに帰れなくなったり、
将来の計画が丸つぶれになって、それなら海外などには行かず、日本で慎ましく貯蓄生活をしていたほうが良かった、ということにもなりかねません。

また、海外移住で一番注意したいのは、日本のように全ての人が、良質でレベルの高い医療が受けられる、公的な健康保険制度がある国が少ないということ。
公的保険ではなく、民間の保険会社が牛耳っている国では、医療費は高額になり、保険料もうなぎ上りです。
大きな病気を一回したら、いままでの計画が総崩れになることもあるのです。
医療費が高い国では、将来の貯蓄を大幅に増やしておく必要があります。

もちろん移住のときには、お金の計画は一番大事ですので、前もって両国の税制に詳しい専門家に相談するべきです。
贈与税、相続税、またビジネスをしている人は両国の法人税や事業税などの違いを認識し、二重課税を避けたり、
快適な暮らしや将来の貯蓄のために、しっかり節税することが大切です。

自分にとってのベストな終の住処

お金をどれくらい用意したらいいのかは、その国の社会事情、インフラや保険制度によっても違ってきます。
できる準備、予想されるリスクへの保険はしっかりかけておきましょう。
また自分にとって理想的な住まいを見つけるコツというのは、やはり最終的には自分の感覚を信じることでもあると思います。

移住の前に、あらかじめ半年もしくは1年程、
その国に住んでみてしっくりくるかどうか、
日本との違いがありながらも、その国に対して魅力や親しみ、良いところが沢山見つけられるかどうかをチェックします。

お金があっても、快適にその外国で暮らすにはその人好みだけではなく、生活や異文化を楽しめるセンスのようなものが必要になります。
トラブルも笑っていなせるような柔軟性がないのなら、日本に住んでいたほうがずっと快適でしょう。
人はやさしいし、日本語は通じる。食事は美味しいし、環境は清潔ですから。
移住先に、日本にない魅力を発見できるかが鍵です。

最終的に、外国への移住を決めるときに、大事になるのはビザや永住権の問題です。
金融資産、つまりお金でビザや永住権が取得できる国もありますが、なかなか条件が厳しく、取得困難になっている人気の国もあります。
最終的には、やはり本人がどれだけその国が好きで、その国に住みたいという意思があるかどうかで決まるでしょう。

また、思い立ったらすぐに行動する事も大事です。
いまは外国人の永住、移住に比較的緩い条件を設けている国も、毎年移民法は変わります。
将来、人気化してハードルが高くなる可能性もあるからです。

またお金や財形プランはなんとかなっても、将来的に日本に残している家族や不動産など、気になることは多いでしょう。
そういった面でも、アジア圏なら飛行機で長くても8時間程度で行き来できる点は魅力です。

アジア圏は、日本よりも若干気候は暑いですが、食文化を含めて、日本と似たところがありますし、なによりも同じアジアの人は、日本人に親しみを持っている人が多いですから、その点でも住みやすいです。

まずは自分の感覚を信じること、
永住権など住む権利の取得、
そして税金やお金の相談に乗ってくれる専門家が、海外投資家、海外移住を考えている人には必要になってきます。
ぜひ専門家に相談してみましょう。